糖尿病に苦しむ人々を救うために

看護師として糖尿病患者を支えるために

top

top

  • 糖尿病患者の多くを占める「2型糖尿病」

    糖尿病患者の多くを占める「2型糖尿病」

    日本の糖尿病患者のほとんどは「2型糖尿病」です。元々の体質だけでなく、高カロリーな食事や運動不足など不摂生な生活習慣を続けることで発症します。糖尿病になると血液中のブドウ糖が通常より多くなり、様々な合併症を引き起こすリスクが上がります。通常、食事などで摂取したブドウ糖はインスリンの働きによりエネルギーへと変換されますが、糖尿病を発症するとインスリンの作用不足が起こり、血糖値が高いままの状態になります。

    この記事をチェック
  • 基本的な看護の流れ

    基本的な看護の流れ

    糖尿病患者が病棟から退院した後は、患者自身が糖尿病を管理していく必要があります。そのため、患者には血糖不安定リスク状態への理解を深めてもらい、適切な対処法を学んでもらわなければなりません。個々の理解度は異なるため、患者の状態に応じて適切な指導を行うスキルが求められます。糖尿病患者への看護過程は、主に「看護アセスメント」「看護診断」「看護計画」「看護介入」「看護評価」の5つからなります。治療・指導を施して終わりではなく、継続的に評価して看護計画を修正していきます。

    この記事をチェック
  • 看護師の仕事内容と役割

    看護師の仕事内容と役割

    糖尿病の治療はチームで進めていきます。あらゆる専門家が連携しながら業務を行いますが、その中で看護師が担う役割は「他のスタッフとのパイプ役」と「患者のマネージャー的存在」です。患者の症状だけでなく、その人が抱える背景や生活習慣などを調べた上で周囲に情報共有していきます。また、患者や家族に対して適切な治療を進めていけるように指導を行います。治療法や生活習慣の指導だけでなく、大きな不安を抱えている患者へのメンタルケアも必要です。

    この記事をチェック
  • 求人を探す際のポイント

    求人を探す際のポイント

    求人を探す際には、給与などの条件だけでなく職場の雰囲気や方針なども確認しておきましょう。離職率の高い職場は労働環境が劣悪な可能性が高いです。教育体制や福利厚生の充実度などにも注目してください。最もおすすめなのは、転職エージェントの利用です。無料であらゆるサポートをしてくれるので、今の仕事を続けながらでもスムーズに転職先を見つけられます。おすすめの転職エージェントを併せて紹介していますのでぜひ活用してください。

    この記事をチェック

糖尿病について深く知る

  • 糖尿病患者の多くを占める「2型糖尿病」

    糖尿病患者の多くを占める「2型糖尿病」

    国内の糖尿病患者のほとんどは「2型糖尿病」を患っています。主に、生活習慣の乱れが原因で発症します。血糖値の異常を放置し続けていると重大な合併症を引き起こす可能性があるため、早期発見と適切な治療が求められます。

  • 自己免疫によって起こる「1型糖尿病」

    自己免疫によって起こる「1型糖尿病」

    「1型糖尿病」はインスリンの継続補充が必須の難病です。発症率が非常に低いので臨床現場で担当する機会は少ないかもしれませんが、糖尿病ケアのプロフェッショナルとして活躍していくのであれば知っておかなければなりません。

  • 糖尿病看護認定看護師

    糖尿病看護認定看護師

    「糖尿病看護認定看護師」は糖尿病に関する高度な知識と技術を有した者にのみ与えられる専門資格です。試験を受けるためには一定の看護実績が求められるため、資格取得を目指す人はあらかじめ要件を確認しておきましょう。

糖尿病治療での看護師の役割

看護師として糖尿病ケアに携わる人に役立つ知識をまとめています。転職に関する情報も紹介していますので、興味のある人はぜひ参考にしてください。なお、当サイトへのお問い合わせは【こちら】からお願いいたします。