糖尿病に苦しむ人々を救うために

看護師として糖尿病患者を支えるために

osusume

osusume

  • 糖尿病患者の多くを占める「2型糖尿病」

    糖尿病患者の多くを占める「2型糖尿病」

    日本の糖尿病患者のほとんどは「2型糖尿病」です。元々の体質だけでなく、高カロリーな食事や運動不足など不摂生な生活習慣を続けることで発症します。糖尿病になると血液中のブドウ糖が通常より多くなり、様々な合併症を引き起こすリスクが上がります。通常、食事などで摂取したブドウ糖はインスリンの働きによりエネルギーへと変換されますが、糖尿病を発症するとインスリンの作用不足が起こり、血糖値が高いままの状態になります。

    この記事をチェック
  • 自己免疫によって起こる「1型糖尿病」

    自己免疫によって起こる「1型糖尿病」

    「1型糖尿病」は自己免疫によって起こる糖尿病です。原因不明の難病とされており、1型糖尿病を発症した患者は生涯にわたって継続的に治療を進めていかなければなりません。1型糖尿病は「急性発症型1型糖尿病」「緩徐進行型1型糖尿病」「劇症型1型糖尿病」の3つに分類され、それぞれ初期症状や進行の度合いが異なります。例えば、緩徐進行型1型糖尿病は3ヵ月~数年にかけて徐々に進行していくのに対し、劇症型1型糖尿病は急激に重篤化する可能性があります。

    この記事をチェック
  • 糖尿病看護認定看護師

    糖尿病看護認定看護師

    糖尿病ケアに携わる看護師としてプロフェッショナルを目指すのであれば、「糖尿病看護認定看護師」の取得をおすすめします。糖尿病看護は2000年に認定看護分野に特定され、資格取得者の需要は伸び続けています。糖尿病看護認定看護師に求められるのは「血糖パターンマネジメント技術」「フットケア技術」「糖尿病ケアシステム立案技術」です。あらゆる角度から糖尿病予防や糖尿病ケアに努めていきますが、専門的な知識だけでなく患者に寄りそう姿勢も求められます。

    この記事をチェック

糖尿病について深く知る

  • 糖尿病患者の多くを占める「2型糖尿病」

    糖尿病患者の多くを占める「2型糖尿病」

    国内の糖尿病患者のほとんどは「2型糖尿病」を患っています。主に、生活習慣の乱れが原因で発症します。血糖値の異常を放置し続けていると重大な合併症を引き起こす可能性があるため、早期発見と適切な治療が求められます。

  • 自己免疫によって起こる「1型糖尿病」

    自己免疫によって起こる「1型糖尿病」

    「1型糖尿病」はインスリンの継続補充が必須の難病です。発症率が非常に低いので臨床現場で担当する機会は少ないかもしれませんが、糖尿病ケアのプロフェッショナルとして活躍していくのであれば知っておかなければなりません。

  • 糖尿病看護認定看護師

    糖尿病看護認定看護師

    「糖尿病看護認定看護師」は糖尿病に関する高度な知識と技術を有した者にのみ与えられる専門資格です。試験を受けるためには一定の看護実績が求められるため、資格取得を目指す人はあらかじめ要件を確認しておきましょう。

糖尿病治療での看護師の役割

看護師として糖尿病ケアに携わる人に役立つ知識をまとめています。転職に関する情報も紹介していますので、興味のある人はぜひ参考にしてください。なお、当サイトへのお問い合わせは【こちら】からお願いいたします。